1HQでアビス3F狩りの動画

2010年04月23日

ニコニコ動画に1HQを使用したアビス3Fペア狩りがアップされていたので、早速見ました。これが凄まじく強い。このぐらい倒せれば、相当時給も出るでしょう。

装備とステ予想

確定しているのは、月光剣とダブルドラグーンタイタン蒼炎のツインエッジを持ち替えです。

MSPを見ると742ですので、恐らくINT1にソヒーV靴、ローレベルライド帽の組み合わせでしょうか?となると、MHPが19000or18000辺りですのでVIT型、蒼炎のツインエッジのダメージ量を見ると補正込み120〜130型に調整していそうです。

少し素殴りも早い気がしますので、若干AGIに振っているいるのかもしれません。スノウア野牛の角、ソーンシールド辺りも使っていそうです。

狩り方

アイス89%持ちで、SP回復は月光剣、1HQを使用した際にバーサクポーションが切れるので大量に所持しているようです。

また、Wスノウアーアクセ?と月光剣のおかげでアスムなどの支援があれば自給自足が可能なため、支援とほぼ独立で動いていますね。

1HQはどちらかの2PCキャラで待機、アイスもそこそこ消費するハズですので、カート職もどこかで待機させているのかもしれません。

 

私のLKで1HQを使用すると野牛ソーンセットのみでASPD190を到達することができます。同じような狩りの仕方はできると思うのですが、まず2PCキャラがいないため、どうにも挑戦できないのが現状です。

かといって、1HQ役をPTに入れてもソウルリンカーはアビスではそれ程活躍できるわけではないので、担当した方にとってもあまり面白くなさそうです。

一番良いのが育成しにくい製造系BSなどグリード役と1HQ役を兼任してもらって、ある程度の恩恵が受けられやすくするのが、PTを集める手段なのかなぁと思いました。

いずれにせよツインエッジ+1HQの凶悪さがよく分かる動画です・・・。2PC環境の方は挑戦してみるのも面白そうですね。

posted by you69rock at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画紹介 | 更新情報をチェックする

とあるAGI LKさんのアビス3F狩りを考察

2010年02月05日

先日、友人から「ステ似たLKさんのアビス3Fペア狩り動画があがってるよ」と情報をもらいまして拝見させて頂きました。が、あまりに衝撃を受けましたので皆様にもご紹介。

動画考察

まずはこちらを御覧下さい(ニコニコ動画を見られない方はごめんなさい)。

あまりのスタンの少なさに驚きです。VIT40前後で狩りをしている方は痛感していらっしゃると思いますが、アビス3Fの課題はゴールドオシドスによるスタンだったりします。特に、スタン後、スタブのノックバックで周りの敵を巻き込んだ時が大惨事ですね。これが支援側の負担だったり、決壊の要因になったりするのですが、そのスタンが約8分の間に食らっているのが1回のみ。

また装備に関しても、Wスイーツアクセ装備ではなく、Wアスレチックコンチネンタルガードの印章、そしてローレベルドラゴンブレスという完全なMobタイマン装備。私の装備と比べるとなんてコストパフォーマンスに優れているんだろうと・・・。がんばって装備を揃えたのですが、あまりに衝撃を受けました・・・。

というわけで、少し参考にさせていただいて検証させていただきました。

スタンが少ない理由を考える

1.装備でのスタン耐性?

+4ライドワード帽オブスタビリティ、+4ヴァルキリーアーマーオブイフリート装備です。+4ライドワード帽オブスタビリティって見慣れないなぁと思って調べたのですが、まさかのジェミニ-s58カード。ジェミニ-s58カードの仕様はこういったもの。

純粋なAGI値が90以上の時、沈黙・スタン耐性+30%
純粋なVIT値が80以上の時、石化・睡眠耐性+50%

AGI90以上限定で頭カードの最高のスタン耐性を誇るカードです。これをヴァルキリーアーマーと組み合わせると装備だけでスタン耐性80%を実現可能です。ライドワード帽のような高額装備に使い回しが限られるカードを刺すのが勇気がいりますが、この装備ならスタン耐性はバッチリなのかも・・・?アビス特化に適したライドワード帽ですね。

2.スキルによるスタン耐性?

動画を見ていると、パリイング10で運用をしているのに気がつきます。このパリイでもしかしたら、スタン防いでいる?と思ったので、さっそく騎士テンプレで確認。

・発動ディレイは無く、スキルを含む全遠近物理攻撃に対し有効

おぉ?これならパリイ10で50%の回避が実現できているのか・・・?と思ったんですが、読み進めて行くとこんな記載が。

・回避発動時でも状態異常は貫通してくる。

残念ながら、回避発動してもスタンは防げないようですね。動画を見ても確かにスタンは貫通しているようです。ですので、スタン時に回復剤が叩けない状況に対して、被弾を抑える役目ですね。スタン耐性というより、スタン時の被ダメ耐性と言った方が正しいかと思われます。

対ゴールドオシドス戦闘時の比較

まずは私のLKと動画内のLKさんとのステ装備を比較してみました。リンク先は(「ROらとりお」内、別ウィンドウで開きます)。

・アビス特化装備時の私のLK
(暫定追加機能-「蒼炎のツインエッジ防御無視」にチェックを入れてください)

・アビス3F動画内のLKさん

これを見る限り、殲滅力はほぼ同等ですが、被ダメージの部分が正反対ですね。回避込みですと、動画内のLKさんが2倍以上低い、平均被ダメを見ると2倍以上固いという結果に。ダメージの大きな違いは「盾を装備しているか(DEF含む)」、「コンセントレイションのLv」、「パリイングの有無」だと思われます。

また、暫定追加機能の「囲んでいる敵の数」が4匹→5匹になった場合に、動画内のLKさんの回避込みダメージのみ極端に落ち込みほぼ同等になります。恐らく囲まれ補正がFleeの低下を招き、パリイの性能以上に被ダメが多くなってしまっている結果となっているようです。

どちらが運用面で楽かというのは、実際にやってみないとわかりませんが、結構興味深い結果が得られたのではないのでしょうか。

その他気がついた点

私は現状蒼炎のツインエッジで運用をしていることは、以前のエントリーで記載してきた通りなのですが、両手剣のメリットは火力以外にも十分あるようです。動画をみていると気付きますが、2HQによる、単体攻撃での残ったオシドスの処理に一役買っているようです。これはツインエッジにない魅力ですね。

またその時に、ライドワード帽でのSP補給も可能なのかな?と思って計算してみました。

動画内でのLKさんの場合、ASPD188.9で、秒間約4.5回攻撃。ライドワード帽は1%の確率でSP吸収が発動しますので、約22秒に1度SP回復が期待できます。1度に回復できるSP量は平均ダメージから約52。ランダムでLAも入ると思われますので、もう少し期待値的には上だと思います。

この回復量ですと、処理後に座った方が回復は早いのですが、1時間の狩りの中でこの回復があるのとないのでは、多少違ってくるのかなぁ?と少し気になりました。でも、焼け石に水でしょうけれどもないよりは良いのかもしれません。

 

と、いうわけで、いかがでしたでしょうか?この動画は非常に参考になりました。コンセントレイションをLv1で運用しているのも、無理せず集めすぎないのも、自分のキャラをよく知った上で狩りを楽しんでいるんだなぁと思いました。そして、改めてパリイの有効性に気付きました(私のLKはパリイング未実装・・・)。

ライドワード帽オブスタビリティ・・・、ぜひ欲しいので、作ったらまたこちらのblogにてご報告させて頂きたいと思います。

posted by you69rock at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画紹介 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。