ノーグ2F

2010年03月27日

最近、金策狩場のひとつとしてノーグ2Fへペアで行くようになりました。BBを楽しめる狩場、気分転換用に通っています。今日はノーグのお話。

ノーグ2Fでの基本の狩り方

基本的に「Mobを集める→BBポイントまで持っていく→BB」の繰り返しになります。

ここで難しいのが支援側との距離間です。近すぎてもMobが支援側に流れて、BBの手数が増える原因になるため、ある程度は連携の練習が必要かもしれません。

LK側の動きとしては、なるべくナイトメアテラー(メンタルブレイカー対策)、グラウンドデリーター(FW対策)にプロポをかけて後ろに流さないように進軍します。反射装備があれば、被弾でタゲコントロールが可能になるため、反射装備の導入もおすすめします。

慣れてくると、ディアボリックのメテオストームの詠唱をプロポで中断させたりできますので、プロポの練習をやっておいて損はありません。プロポの練習については、イズルードダンジョンのソードフィッシュの詠唱中断から始めると、ソロで簡単に練習できます。

残りは、いかに早くドロップを拾い、ガーターを避けつつMHを潰していくかが課題になります。ただ、私としては他PTとの兼ね合いで効率が左右される部分がかなり大きい狩場と思っていますので、あまり効率を求めるというより、最低限の効率さえ出てしまえばそれで良しとしてしまっています。

ノーグ2Fの装備

ノーグ2Fの装備 とステータス

特徴としては、重量対策のためノーグ2F用に鎧をディアボロスアーマーで作成し、殲滅速度をあげるためにソーンシールド+野牛の角があるぐらいでしょうか?盾に関しては耐えられることができれば竜盾でも悪魔盾でも構わないかと思います。

私は上記の画像の通り、アビス用装備にホドレムリン盾を加え、支援さんの様子を見ながらアクセサリーをThe Sign、スイーツ野牛の角、スイーツスモールブックペンダント、ディアボロスリングオブフラッシュと使い分けています。基準はアスム、キリエの有無とヒールでの回復速度やアスペルシオなどの支援具合で判断しその場で持ち替えしています。

肩はディアボロスマントを装備していますが、ドラゴンブレスでもあまり体感上代わりませんので、それ程気にする程でもなさそうです。

なお、スノウアーアクセについては、アイスのドロップと重量が非常に邪魔で進軍妨げになりますので、回復はヒール+緊急時の名声ホワイトスリム+かぼちゃパイに任せて、火力をあげる組み合わせがベストかと思います。

鎧は地デリ鎧でも運用可能ですが、呪い対策は必須です。

またFW撃たれた後のガーターゾーン緊急脱出用に不死鎧を用意してもいいかもしれません。

といっても、結構私は適当にやっているのが事実です(笑。不死鎧も持っていませんし特別な過剰精錬もしていません。Mobの量の調整で装備の精錬値などは然程重要ではありませんし、最低限ライド帽、闇鎧、竜盾もしくはホド盾、防御無視武器(串、アルシェピース、ツインエッジ)があれば十分な狩場だと思います。

ノーグ2FはBBポイントの把握が決め手

ノーグ2Fにおいて重要なBB MAPです。BB狩りをする狩場ですので、ガーターを毎回してては狩りにはなりません。まず、ノーグ2Fで狩りをするためにガーターゾーンの把握が必須です。

と言っても、ノーグ2Fは島ごとで覚えやすい狩場ですので、ガーターゾーンの把握というよりも、BBをする場所を覚えてしまった方が簡単に覚えられると思います。

今回は参考までに私がBBを打つ場所をBB MAPに記載してみました。

ノーグ2F BBポイントMAP

(クリックで画像が別ウィンドウで拡大されます)

数字は島ごとに、時計回りに便宜的につけてあります。

また、赤丸は主にBBを打つ場所、黄丸はMHに当たって抱えすぎる危険がある時にBBを打ってMob数を減らすなどする場所になります。

赤丸で必ずBBというわけではなく、抱えるMobの量を調整しながらBBポイントを決めていきます。

ノーグ2Fで注意している点

・@BO広い島のため、突っ込みすぎてMobの抱えすぎに注意しています。特にOは中央に十字のガーターゾーンがあるため、少し入った入り口で周辺Mobを殲滅、数が減ったら島全体のMobをまとめた後、再度入り口周辺に戻りBBを打つようにしています。

・CFJPガーターゾーンがBBポイント近接にあるため、グラウンドデリーターのFWに飛ばされないように壁を背にするなど注意が必要です。

・通路上でのBBはガーターゾーンが把握しにくいため避けています。

・ナイトメアテラー、グラウンドデリーターを優先に殲滅します。ナイトメアテラーはメンタルブレイカーが嫌らしいため、真っ先に倒しています。また、グラウンドデリーターに関してはFWでガーターゾーンに飛ばされる、進軍を中断されることがあるため、例え狩場が貸切であっても複数匹でのロングトレインはなるべく避けています。

 

以上、このような形でノーグ2Fで狩りをしています。実際、私もそれ程通いつめているわけでもないので、もっと他にも良い方法があるかと思いますが、参考になればと思い記事にしてみました。

ノーグ2Fはどちらかというと、殲滅力と狩場の状況の依存度合いが強く、動きに関してはLK、支援側共に狩りのストレスの軽減という意味合いが強いと思います。ですので、私的にはあまり騎士団やアビスほど戦略みたいなものはないのかなと思っています。

しかしながら、金銭効率、経験値効率は非常にバランスが取れた狩場だと思いますので、AGI LKだからBB狩りは・・・なんて敬遠してる方もぜひ挑戦してみてください。

posted by you69rock at 20:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 狩場 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くなりましたがノーク特集ありがとうございます〜。

特にBBポイントは参考になりますね〜。

ウェッズさんのBBポイントに変更したらスムーズになった箇所が沢山出てきました。

これからも更新頑張ってください。
Posted by ヒロ at 2010年04月05日 04:00
BBポイントに関しては、たぶん各個人やりやすい場所があるかと思いますので、あくまで参考までにお願いします(笑

またノーグ2Fの情報ありましたら、ぜひよろしくお願いします。
Posted by ウェッズ at 2010年04月05日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。