スノウアーカードに刺すアクセサリーの選定について

2010年02月10日

スノウアーカードはLKにとって、かなり有用なアクセサリーであってホワイトポーションを連打して散財ということが、このスノウアーカードの実装によって軽減されました。特に、AGI LKにとってアクセサリーを選ぶ幅はかなり広いので、迷っている方も多くいらっしゃるかと思います。

現在、野牛の角とスモールブックペンダント、クイールペンリングの3種類を用意していますが、それぞれ役割が違うので「AGI LKならコレですよ!」というものがなかなか言えません。今回は私なりの考えで現在使用しているスノウアーアクセサリーに触れて、記事にしてみました。

スモールブックペンダント&クイールペンリングセット

私が現在所有しているスノウアーC刺しアクセサリーのひとつです。セット効果による耐性3%が非常に有効で、主に、壁になる機会が多い時に使用をしています。狩場としては、狭間、トール、ET、名無し3F、MVP狩りなどでしょうか。このアクセサリーは当時VLKでも使えるようにということで、作成しました。

スノウアーアクセは壁になる時以外使わないよ!という人向けです。どちらかというと、HP補強に主眼をおいた組み合わせです。少しでも耐性を考えるならば、こちらのセットを選択します。

デメリットとしては、セットとして使用しなければならない点です。

野牛の角

ソーンシールド&野牛の角セットでASPD増加を狙うために作成しています。片手槍や片手剣でソーンシールドと組み合わせて、火力と壁耐性を目的として使用しています。狩場としては、BB狩りをするところをメインに、プロ北D、ET、アビス、ノーグロードで主に使用しています。

各種盾をソーンシールドで作らなければならないということ、転生職Lv90以上のみ使用可能ということを除けば、非常に優れた装備です。また、石盾が装備できないため、大型耐性5%カットの分をソーンシールドの過剰精錬で補います。

片側のアクセサリーがフリーになるのもメリットなため、狩場によってThe Signにするなど汎用的な使い方もできます。ただし、両手槍、両手剣使用時にはほぼ恩恵が受けられないのが難点です。

ディアボロスリング

現在スノウアーカード刺しのディアボロスリングは所有していません。将来的には、野牛の角と組み合わせで使いたいと考えています。

ディアボロスリングは主にSP補強と考えています。私は現在ヨーヨーカードを差しているのですが、これは騎士団特化のアクセサリーと、スキル狩りソロ時に運用しています。騎士団ではタイムアタック的な要素もあり、いちいち落とすアイスが邪魔になる可能性が高いことと、支援が行き届いてしまう狩場では、スノウアーカードは必要ないと思いスノウアーカードを刺すのを保留にした経緯があります。

MSP補強とHP回復を両立させたいならば、ディアボロスリング一択だと思います。しかしながら、汎用アクセサリーとして考えた場合、アイスが必要でない狩場はアイスのドロップが非常にネックになる可能性が高いです。

高額なアクセサリーですので、なかなか入手しにくいというのが一番のデメリットではないでしょうか?ピアースやBB狩りメインとして考えているAGI LK向けだと思います。ただし、あまりに高額なため、そのお金をSP回復剤に回した方が良いという考え方もできるので、なかなか難しいところではあります。

コンチネンタルガードの印章

ASPDを確保しつつ、HP回復力を手に入れたい人向けです。どちらかというと、両手剣をメインとして考えてる方に良いかと思います。盾を持てない分、回復剤を現地で手に入れることができるため、狩り場によっては半永久的に狩り続けることが可能です。

デメリットとしては、他アカウントへの譲渡ができないためリセールバリューは皆無な点、コンチネンタルガードの印章の量産が難しいという点でしょうか。

私も欲しい場面はたくさんあるのですが、両手剣使用時はソロ狩りが多く、おいしい魚+くわえた魚で耐えられない狩場は行かないと割り切っているため、作成していません。またスノウアーカードを買うお金で、おいしい魚やホワイトポーションで狩りが成り立つということもあり、あまりメリットが見出せなかったというのもあります。

コンチネンタルガードの印章で作れば、ソロ狩場が広がるのかな・・・と思いつつ、お金に余裕ができたら欲しい一品。

その他のアクセサリー

その他にも有効なアクセサリーはいくつかありますが、いずれも汎用性であったり最終装備に成りえないものを占めているため作成の予定はありません。恐らく上記3種を選べば間違いはないと思われます。

スノウアーアクセサリーは、その性能の高さからリセールバリューを考えても、カード価値とほぼ変わらない程度の資産価値に値するアイテムです。よって、今後新しいアクセサリーが実装されたとしても、所有していたものを売り払えばある程度の乗り換え資産はできます。

そのことから、アクセサリー選定には、最初にコンチネンタルガードの印章で資産価値をゼロにするのではなく、他のアクセサリーに刺して考えた後、期待にそぐわないものであればコンチネンタルガードの印章にしてみるという方法が無難な方法なのではないでしょうか?

もちろん、両手剣AGI LKにとってコンチネンタルガードの印章は唯一無二の存在ですので、最初から選ぶ事も多いかと思いますが・・・。まずは、最終狩場、最終装備、メインの狩場を考えた後、アイスによる回復が必要かどうかを含めた上で選定するのをオススメします。

posted by you69rock at 16:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 両手剣・槍 AGILK 装備 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速書いていただきありがとうございます。

記事を読みながら、自分の今育ててるLKの事をもう一度見つめなおしてみました、良く考えると、完全ペア仕様に作ってるのにアイスは必要か?という疑問点が出てきてしまいました。

もう少し自分の中で考えてから作成するかしないか決めようと思います。

質問にお答えありがとうございました。
Posted by ヒロ at 2010年02月10日 16:43
私がペア時にアイスが必要な狩場ですと、ノーグとアビスですね。
他にもアイス連打で遊べる狩場ってあるのかもしれませんが、まだ見つけられてないですねー。
Posted by ウェッズ at 2010年02月10日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。